「Skip to サイトメニュー」をクリックすると、Homeへのリンクや各コンテンツ、サイトマップなどのメニューへ移動します(ページ内リンク)。「Skip to 製品紹介メニュー」をクリックすると、商品検索やフィルター販売、製品のカテゴリー別メニューへ移動します(ページ内リンク)。「Skip to コンテンツ」をクリックすると、ページの内容へ移動します(ページ内リンク)。

Skip to サイトメニュー

Skip to 製品紹介メニュー

Skip to コンテンツ

Home製品紹介 > D 資料技術資料

各材質の一般的な性質・特性・お手入方法について

Vol.1|P.D_020

カタログdownload

塗装について

塗装とは・・・

塗装とは塗料を薄い膜にして製品素地の表面を被覆すること。この薄い塗膜は製品素地の表面を外気から遮断し、汚れや湿気などを防ぎ、製品素地に直接傷がつかないように保護し外観を美しく保つ働きをしています。

塗料・塗装方法について

当社では、おもに下記の塗料・塗装方法で塗装を行っています。

塗料の種類

特   性

使用製品

ポリウレタン樹脂

主剤と硬化剤を混ぜ合せて使用。
乾燥後、塗膜は焼付塗料と同等以上の性能を持つ。
耐候性に優れる。

室名札・ピクト表示板

アクリル樹脂

酸・アルカリにも強く、屋外などの湿度の高い場所、
風雨にも強く、耐候性が良い。
長期にわたり光沢を保持。

物干金物
換気ユニット

メラミン樹脂

最も一般的な焼付塗料。
ラッカー塗料と比べて塗膜が硬く耐久性で勝る。

棟番号

合成樹脂

アクリル樹脂・メラミン樹脂・エポキシ樹脂を混合し、
塗面に剛性を出す塗料。

アルミ玄関パネル

※ 合成樹脂とは
メラミン塗料・アクリル塗料・エポキシ塗料・ウレタン塗料・ラッカー塗料などの総称。

塗装の種類

塗装方法

スプレー塗装

圧縮空気で塗料を霧化させて塗る方法。
能率がよく均一に塗れるが、溶剤が多く必要ロスも多い。

粉体塗装

微粉末状の無溶剤塗料を液体または気体を介して被塗装物の表面に付着させ、
加熱させる事によって厚く強固な塗膜を形成させる方法。
塗膜が厚く耐食性が良い。

電着塗装

低濃度の水溶性塗料溶液の中に被塗装物を入れ、対極との間に直流電流を流し、
塗料の薄い皮膜を形成させる方法。
カチオン型とアニオン型がある。耐食性に非常に優れる。

※ 焼付塗装について
焼付塗装を行う事により、常温硬化の塗装よりも強固な塗膜に仕上げています。

塗装製品のお手入方法

塗装製品の美観を保つため定期的にお手入れをしてください。

● 乾いた柔らかい布で拭いてください。

● 汚れがひどい場合は、薄めた中性洗剤を布に含ませて拭いてください。洗剤使用後は、洗剤が残らないよう必ず水拭きしてください。

  その後、カラ拭きして水分を完全に取ってください。

禁止 製品をお手入れする際は、化学薬品(シンナー・ベンジン・アルコールなど)やクレンザー・タワシなどは使用
 しないでください。
 キズ・変色・塗装のはがれなどの原因になります。

換気レジスター メンテナンス用品