「Skip to サイトメニュー」をクリックすると、Homeへのリンクや各コンテンツ、サイトマップなどのメニューへ移動します(ページ内リンク)。「Skip to 製品紹介メニュー」をクリックすると、商品検索やフィルター販売、製品のカテゴリー別メニューへ移動します(ページ内リンク)。「Skip to コンテンツ」をクリックすると、ページの内容へ移動します(ページ内リンク)。

Skip to サイトメニュー

Skip to 製品紹介メニュー

Skip to コンテンツ

Home製品紹介 > D 資料技術資料

各材質の一般的な性質・特性・お手入方法について

Vol.1|P.D_019

カタログdownload

アルミについて

アルミとは・・・

アルミニウムの比重は「2.7」で鉄の7.8、銅の8.9と比べると約1/3で軽い金属ですが比強度(単位面積当りの強度)が大きいため、建築物などの構造材料として多用されています。

耐食性に優れており、酸素に触れると安定な酸化皮膜(保護皮膜)を生成し、この皮膜により腐食の進行を防ぎます。

さらにアルミニウム表面にアルマイト処理(陽極酸化皮膜)を施す事によりさらに腐食しにくくなります。

またアルマイト処理の際に電解着色などにより多彩な色をつける事が可能で、商品のデザイン性を高める事ができます。

アルミニウムはいろいろな形状に成型しやすく、薄い箔から複雑な形状の押出製品・鋳造のダイキャストなど、きわめて広い用途に使用されています。また、電気をよく通す・磁気をおびない・熱伝導性が良い・光や熱を反射する・毒性がないなどの特性があります。

アルミニウムは成型の違いから圧延用合金と、鋳物用合金に大きく分類されます。

アルミとは

アルミの種類と一般的特性

当社では、おもに圧延用は6000系のA6063、ダイカスト用はADC12を使用しております。

合金の種類 合金系 シリーズ
代表的
鋼種
特   性 使用製品













純アルミニウム 1000
シリーズ
純度(99%以上)の高い
純アルミニウム系の材料。
加工性・耐食性・溶接性
電気・熱の伝導性が良いが、
強度が低いため構造材には不向き。
家庭日用品
電気器具
Al-Cu系合金 2000
シリーズ
代表的なものに2027・2024のジュラルミン・
超ジュラルミンがある。
鋼材に近い強度がある。
銅の添加が多く耐食性が良くないため
表面保護が必要。
航空機
Al-Mn系合金 3000
シリーズ
代表的なものに3003があり、
1000シリーズにMnを添加し
強度を付加したもの。
アルミ缶
屋根材
カラーアルミ
Al-Si系合金 4000
シリーズ
融点が低く溶加材や、
ろう材として多用される。
建材用パネル
鍛造ピストン




Al-Mg系合金 5000
シリーズ
耐食性・溶接性が良い事か
ら広い用途で使われている。
装飾用材
建材
船舶・自動車
Al-Mg-Si系合金 6000
シリーズ
代表的なものに6063があり、
強度・耐食性も良く、
サッシによく使われる。
換気製品
玄関パネルユニット
室名札

アルミサッシ
Al-Zn-Mg系合金 7000
シリーズ
代表的なものに7075の
超々ジュラルミンがあり、
アルミ合金の中で最も強度がある。
スポーツ用品
航空機


















Al-Si系合金 AC3A 鋳造性に優れる。
強度はあまりないが薄肉で複雑な
形状・模様などに適する。
門扉
Al-Mg系合金 AC7A・7B 代表的な耐食性合金。
強さがあり、伸びも良く切削性が良い。
熱処理による強度アップができない。
架線金具
建築金具
事務機器部品




Al-Cu系合金 AC1A・B
AC5A
高温使用で硬さを保持するように
改善した合金。
ビデオレコーダー
Al-Si-Cu-Mg系
Al-Si-Mg系合金
AC4A Mgを加え熱処理により
強度を高めたもので、優れた鋳造性を
維持したまま機械的性質を
改善した合金。
タイヤホイール







Al-Si系合金 ADC1 鋳造性・耐食性が良い、
あまり強度の必要ない薄肉・複雑な形状の
鋳物に適するが使用率は少ない。
自動車フレーム
Al-Mg系合金 ADC5・6 耐食性が良い。鋳造性は良くない。 農機具アーム
Al-Si-Mg系合金 ADC3 AC4Aと同類の合金で機械的性質と
耐食性が良い。使用率は少ない。
自動車
自転車
Al-Si-Cu系合金 ADC12 銅(Cu)の添加で強度を高め、
鋳造性に優れた高力合金。
物干金物
自動車エンジン

※赤文字:当社該当製品

アルミ製品の表面処理

表面処理名

表面処理方法

アルマイト処理
(陽極酸化皮膜処理)

自然に生成する酸化皮膜は約1nmと薄いが、
陽極酸化皮膜は、電気化学的に厚くて丈夫な酸化皮膜を作る処理方法。
nm:ナノメートルのこと。マイクロメートルの1000分の1の単位。

二次電解着色

無色のアルマイトに改めて電解層を付け着色する方法。

クリア塗装
(合成樹脂焼付塗装)

アルマイト処理の上からさらに、表面を傷つきにくく滑らかに保護するために、
合成樹脂を焼付塗装する方法。

アルミ製品の錆び発生の原因

1異種金属の付着・接触
アルミに鉄や亜鉛などの異種金属粉末が付着・接触した状態で使用・放置されると、その接触部に電位差が生じ「電食状態」になり錆びが生じる事があります。

2塩分の付着
海岸地帯の建物に使用されているアルミが潮風に含まれている塩分を付着したまま放置された場合、錆びが生じる事があります。

3煤煙、亜硫酸ガスなどの付着
排煙中に含まれる煤煙・塩化物などの有害物質の付着や亜硫酸ガスなどの影響を受けた状態で放置された場合、錆びが生じる事があります。

4洗浄薬液の付着
汚れ・錆び落とし用の洗剤を使用した際、成分が付着したままの状態で放置しますと、錆びが生じる事があります。洗剤が残らないようによく拭取ってください。

アルミ製品のお手入方法

アルミ製品の錆びの発生防止のため定期的にお手入れをしてください。

● 乾いた柔らかい布で拭いてください。

● 汚れがひどい場合は、薄めた中性洗剤を布に含ませて拭いてください。洗剤使用後は、洗剤が残らないよう必ず水拭きしてください。

  その後、カラ拭きして水分を完全に取ってください。

禁止 製品をお手入れする際は、化学薬品(シンナー・ベンジン・アルコールなど)やクレンザー・タワシなどは使用
 しないでください。
 キズ・変色・腐食などの原因になります。

換気レジスター メンテナンス用品