「Skip to サイトメニュー」をクリックすると、Homeへのリンクや各コンテンツ、サイトマップなどのメニューへ移動します(ページ内リンク)。「Skip to 製品紹介メニュー」をクリックすると、商品検索やフィルター販売、製品のカテゴリー別メニューへ移動します(ページ内リンク)。「Skip to コンテンツ」をクリックすると、ページの内容へ移動します(ページ内リンク)。

Skip to サイトメニュー

Skip to 製品紹介メニュー

Skip to コンテンツ

製品名

パイプジョイント(塩ビパイプ用・止水板付)

製品番号

75~150PJD

100PJD

100PJD

Vol.1|P.B_045046

カタログdownload

図面Download

ABS

PAT.

塩ビパイプの端部に接続して使用する延長パイプです。

壁との距離に応じて、PJと組合せてご使用いただけます。

ご使用の際は換気ユニットの挿入寸法をご確認の上、ご使用ください。
止水板が不要な場合は、カットして取除けます。

コンクリート打設後、断熱材吹付け前の段階での施工をおすすめします。

塩ビパイプに差込みにくい場合には、切込マークに従って端部の一部を切取ってご使用ください。

製品番号

本体価格(税込)
/ 1ケ

適合パイプ(内径×外径)

材質・仕上

入数

75PJD

¥210(¥227)

ブラック

SU75(75×80)

ABS樹脂

460

100PJD

¥260(¥281)

SU100(100×106)
VP100(100×114)

240

150PJD

¥500(¥540)

LP150(150×156)

120

製品番号

寸法

A

B

C

D

75PJD

74.8

73.2

75.5

79

100PJD

99.8

98.2

100.5

104

150PJD

149.8

148.2

150.5

154.5

図面:75~150PJD

製品図面(PDF)

75PJD 100PJD 150PJD

TopBack

パイプジョイント施工方法

断熱材吹付け前にパイプジョイントを設置することで吹付け作業時の養生や、
換気ユニット取付時の断熱材除去にかかる手間を抑えることができ、作業効率が向上します。
接続部は段差を抑えた構造になっており、換気ユニットの筒が干渉することなく、差込むことができます。(下図参照)
※パイプが歪んでいないことをご確認の上、施工してください。

PJD(止水板付)+PJ 取付けの場合
PJD(止水板付)+PJ 取付けの場合

止水板が不要な場合は、室内側よりカットして取除けます。
止水板に沿ってカッターで切込みを入れ、ハンマーなどの柄で叩いて取除いてください。

PJD(止水板付)+PJ 取付けの場合
換気レジスター メンテナンス用品